不動産事業部

Sasagawa Hideaki 笹川 英明

営業

新潟県新潟市出身。学生時代はサッカーで右サイドハーフを担当。新潟のベッカムとは呼ばれなかったが(笑)、どこまでも真面目にリフティングを2時間するような男だった。2018年2月、自分を成長させるために22年間住んだ地元を離れ上京。コールセンターでアルバイトしながら東京生活に馴染んだ頃、右も左もわからない不動産業に2018年10月から飛び込む。ウルクルズの平均年齢をグググっと下げた功労者でもある。

自分で考えて行動できるようにアドバイスをくれる

▼自己紹介をお願いします。

笹川英明です。出身は新潟で、2018年2月に東京に来ました。しばらくはフリーターをしていたのですが、このままではダメだなと思って、自分を成長させるためにウルクルに入社しました。

 

▼あなたにとってウルクルはどんな会社ですか?

チャンスをくれる場所だなと思っています。

 

▼チャンスというのはたとえばどういうことですか?

お金を稼ぐことはもちろんですが、自分自身を世の中に広げていけるということです。私はSNSなどで器用に自分をアピールしたりする事はあまり得意ではないので、この仕事を通じて色々な方と会う事で、「あ、こんな人がいるんだ」と思ってもらいたいです。お客様やオーナー様とは一回きりの関係ではなく、長いお付き合いになりますから、自分の努力次第でたくさんの人とつながっていけるんだと思っています。

 

▼人脈は確かにできますね。相手にとって役に立つ人であればあるほど広く深いつながりとなりますしね。あなたの仕事内容を教えてください。

たとえば日々の業務では、新しい物件を探してくることだったりお客様にお部屋の案内をしています。オーナー様と話したり、大企業に勤める同世代の方と話す機会があって、今までなら出会う事のなかった人たちに接することができるので、いい影響を受けています。

 

▼仕事のどんなところが面白いですか?

いろんなお部屋に行けるっていうのが楽しいですね。家賃のものすごい高いところだったり(笑)。最近行った中ではミストサウナがついているお部屋がありました。いずれはかっこいい部屋に住みたいなと妄想しながら働いてます(笑)。

 

▼どうしてかっこいい家に住みたいのですか?

今住んでいるところはオートロックもエレベーターもあるんですけど、築年数が浅いわけではないので、かなり年季も入っていて(笑)。生活自体は普通にできるんですけど、いろいろ案内して新しい部屋を見ていくと、ここに住んだらテレビはこっち、ベッドはこっちだろうなと、お客様ともそういう話をしていると自分も住みたくなるんです。ほとんどの人は借りた部屋に何年も過ごすと思うので、住む場所はとても大事なものなんだなと、この仕事を始めて気づきました。

 

▼あなたの隠しておきたい失敗経験を教えてください。

鍵を管理会社から借りて、お客様を案内したら返して次の物件に行く予定だったんです。それをすっかり忘れてしまって、何件か案内して会社に戻った後に気が付きました。管理会社に電話して、急いで店舗に行ったんですが既に閉まっていて返せませんでした。次の日、朝一で鍵を返しに行きました。朝の時間がそれに費やされてしまったので、忘れなければなかった失敗でした。しかも二回目だったので(笑)。

 

▼管理会社の方に何か言われませんでしたか?

笑ってましたね。ありがとう〜という軽い感じで(笑)。

 

自分で考えて行動できるようにアドバイスをくれる

▼一緒に働くチームウルクルズを紹介してください。

長くなりますけど一人ひとり紹介したいと思います。

 

▼え?長くなるならやめときましょうか(笑)

いやいや、紹介させてください!まず社長ですが、最近話す時間が増えたこともあって、ひとつの行動をするにしても視野の持ち方を教えてくれたり、相手の立場に立って考えるようにとか、自分になかったアドバイスをしてくれます。少しずつですけど今までにはできなかった目線で物事を見れるようになってきました。そういうふうに成長させてくれる方です。

次に政岡部長は、私が一からやっている右も左も分からない案件があるんですが、どうしようかなと思った時に、「大丈夫か?」と声をかけてくれて、すごい気にかけてくれているんだなと思います。常に周りを見れる余裕があって、行動力のある方だなと思ってます。

次に窪田さんは行動力がすごいあります。窪田さんは美容室という得意分野があって、そういうのを自分も見つけたいなと思います。いつもポジティブな行動をしているという感じがします。

次に熊崎さんは、入社してすぐに掃除の考え方を教えてくれました。事務所やトイレだったり、普通に掃除するだけでもきれいになるとは思うんですが、たぶん自分ひとりだったらやらないであろう場所を、ただ掃除するだけじゃなくて、どういうふうに何を考えて掃除をするかイエローハットの社長の話を交えながら教えてくれました。自分の見ていなかった、見えなかった部分を自分で考えて行動できるようにアドバイスをくれる人だなと思ってます。

最後に今岡さんですが、日中は外に行っているので一緒に仕事をする機会が少ないんですが、物件を紹介する記事を見て、女性ならではの言葉遣いというか、自分になかった視点を勉強させていただいてます。あとそれからものすごい美人です(照)。

 

▼ものすごい美人ですというところ、随分力が入ってましたね。中学生みたいに頬を赤らめて(笑)。丁寧な社員紹介ありがとうございました。それではこれからウルクルズにはどんな人が加入してほしいですか?

自分とは正反対の人がいいですね。あえて挙げるならサッカー日本代表の長友選手のような方です。ひたむきに前に向かって走り続けるような人と仕事をしたいなと思います。お互いに切磋琢磨していい影響を与え合う関係がいいですね。

 

▼あなたの夢を教えてください。

実は夢という夢は全然なくて、細かい目標だったらあるんですけど(笑)。ひとまずひたむきに頑張って、3年か5年以内に1000万稼ぎたいと政岡部長とこの間話しました。いいご飯食べるとか、ちょっといいスーツ、いいカバン、いい靴、いいネクタイ、携帯を新しくするとか(現在は画面が割れている(笑))、海外にも行ってみたいです。細かい数字はまだ落とし込んでいないんですけど、しっかり目標立ててやっていきたいと思います。

 

▼欲にまみれてますね(笑)。でも20代はそうじゃないと(笑)。

社内にロールモデルもいますので(笑)。妄想は得意なので、まずは妄想してしっかりやっていきます!

戻る