賃貸仲介(個人/SOHO/法人)

青山や原宿じゃないなと思った人に来てもらいたい

2019年5月24日に、代官山に美容室『PARK』をオープンした代表の渡辺 裕介(わたなべ ゆうすけ)さんにお話しを伺いました。

 

▼はじめに渡辺さんが美容師になろうと思ったきっかけを教えてください。

近所の美容室で髪を切っていたんですが、そこのスタイリストのお兄さんがかっこよくて憧れたというのがきっかけです。

 

▼いつ頃の話ですか?

高校の時ですね。

 

▼では高校卒業して美容学校へ?

はい。2年行って20歳で就職しました。

 

代官山のかわいい美容室パーカー

▼そのお店で技術を磨かれて、自分のお店を持ちたいと思ったのは何歳くらいでしたか?

30歳くらいですね。将来を考えると、自分でやるか会社に残るかですけど、やっぱり自分のやりたいようにやってみたいというのがありました。それで空いた時間を見つけては物件を探し始めました。

 

▼物件探しはどのようにされたのですか?

エリアは代官山がよかったので、不動産屋3社くらいに声をかけて探してもらいました。でもなかなか物件が出て来なくて、2年くらい探しました。

 

▼2年ですか、なかなか長いですね。物件そのものがなかったということですか?

はい、物件自体がなかったですね。自由が丘や中目黒辺りまで広げて探してはいたんですけど・・・。

 

▼確かに代官山エリアでこの規模でこの賃料はなかなかないかもしれませんね。出てきてもすぐ決まりますし。それで私たちが『La Grace 代官山』の募集を出したときに問い合わせいただいたのですね。

新築物件でまだ完成前だったので、ピンクの外観になったら嫌だなとかはあったんですけど(笑)。

 

代官山の美容室APARK

▼2年間も探されていたわけですから、このまま探し続ける選択もあったと思います。最終的に背中を押した理由はなんだったのですか?

不動産屋さんみんなに「物件がない」と言われました。窪田さん(ウルクル営業)にも言われました(笑)。物件が出てこない以上、申し込んでみるしかないなと。それにこの物件をデザイナーと一緒に見に来たんですけど、コンクリート打ちっぱなしだったので、工事費用を考えてもそこまで壊さずにやれるということだったので決めました。

 

▼渡辺さんが物件を選ぶ時に気にされたことは何ですか?

賃料が一番ですね。駅チカに越したことはないですけどやっぱり高いので(笑)。

 

▼今まで探してもらっていた不動産屋さんと窪田とでは何か違いがありましたか?

他の不動産屋さんだとメールの返信文が「物件が空いてます」とか簡単なものなんですけど、窪田さんの場合は、僕が聞いてないのに(笑)、シャンプー台やセット面がどれくらい置けますよとか返信が来ました。その時点では「詳しい人なのかな、でも仕事だしな」と思ってましたけど、お会いすると美容室の開業を多く手掛けられていて、他の美容室の立ち上げの話も聞けたので、信じられる方なのかなと思いましたね。

 

▼他社事例は参考になりますよね。窪田は物件以外のこともサポートしてくれるので助かるというお客様が多いんです。

確かにそうですね。今回独立するのが初めてだったので、お金を借りることだったり、物件以外のことも相談させていただいて。公庫やメーカーさんとの連携も取っていただいたので、それはすごい心強かったですね。独立した先輩にも色々話は聞いてはいたんですけど、やっぱり実際やってみないとわからないし、今まで借りたことのない額を借りるし、そういうところをサポートしてくださったので助かりました。他の不動産屋さんだと、物件の契約してお金払って終わり!ですよね、多分(笑)。それが普通なんだと思いますけど。

 

▼借りたことのない額を借りるって不安ですよね。

返済できるのかなって思いましたし、オーナーとして一人でそれをやるわけですから、不安はありました。

 

代官山のおしゃれな美容室PARK

▼反対に期待はありましたか?

自分のやりたいようにできるということですね。お客様はついてきてくれるとは思っていましたので、売上に関することやお店の運営についてはそこまで不安はありませんでした。

 

▼手続きで大変だったことはありますか?

初めてだったので全てが大変でした。内装をどうするとか材料決めたりとか、楽しみではあったんですけど、美容師以外のことに時間を取られましたね。契約してすぐオープンしたかったんですが、内装業者の選定に時間がかかってしまって、オープン予定が一か月以上遅れてしまいました。何もないのに家賃が一か月かかるし・・・。フリーレントが1か月あったのでまだよかったですが。

 

▼業者選定に時間がかかったのですか。内装のイメージはどのようなものだったのですか?

シンプルに『コンクリートと木』という感じで、いくつかの業者に見積もりをいただいて、イメージに近い業者さんにお任せして作ってもらいました。もっと広ければレイアウトも色々考えられたと思いますけどね。

 

代官山のプライベート美容室PARK

▼物件探しで印象に残っていることはありますか?

契約書に印鑑を押したときですね。ハンコを押したら後戻りできないので(笑)。

 

▼オープンして2か月経って、よかったことはありますか?

目の前に代官山ベースという商業施設が秋にできる予定なんです。1Fにカフェができるようなので、人通りができるのはよかったなと思います。それからこのビルの隣も今建て替えしていますし、近くに大型マンションもできるようなので、これからが楽しみです。

 

▼渡辺さんから見て、代官山はどんな街だと思いますか?

青山や原宿は常ににぎわってますが、代官山は平日と土日の差がすごい(笑)。のんびりして落ち着いてますが、オシャレな方が結構いる街だと思います。

 

▼それではお店のことを教えていただけますか。

髪質にこだわるようなおしゃれな人に来てもらいたいので、価格もそんなに下げてないですし、かといってすごく高いわけでもありません。青山や原宿じゃないなと思った人に来てもらいたいですね。

 

▼青山や原宿じゃないというのはどういうことですか?

向こうは『大型店で分業制』というお店が多いので、それにちょっと疲れちゃったなとか、なんか違うなと思った人に来てもらいたいですね。ここは駅前の喧騒からも離れて落ち着いた場所ですし、今はマンツーマンでやっているのでそこを強みにしていければと思います。

 

代官山のかわいい美容室PARK

▼独立してお客様の反応はいかがですか?

薬剤が断然よくなったと言われますね。このあたりの方はちょっとした変化を感じますし、僕もそういう会話ができるので楽しいですね。

 

▼今後の展望はありますか?

できればスタッフを増やして、お客様の対応人数を増やしていきたいです。また少し高くても本当にいいものを提供したいですし、お客さんと一緒に成長できればと思います。

 


渡辺さんへのインタビューで印象的だったのは、お客様と一緒に成長していきたいという一言でした。お客様にいいものを提供することはもちろんですが、使っている薬剤にしても「これ、いいでしょ?」ではなく、「これ、いいですよね」とお客様と一緒に喜ぶ姿が目に浮かびました。店名『PARK』の由来は、渡辺さん自身が海外の色々な公園が好きで、特にロンドンにあるクイーンズパークの近くで一年間くらい住んでいたこともあるとか。また知人であるボルチモアのバンド『ビーチハウス』の曲名にも使われていたからといいます。公園のように人がたくさん集まる美容室になることを期待したいと思います。

代官山の美容室PARK
PARK
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町8-19 グレース代官山3F
TEL:03-6455-2615
営業時間:11:00~22:00(カット最終受付21:00)
PARK【パーク】のホットペッパーはこちら

記事一覧に戻る