賃貸仲介(個人/SOHO/法人)

ウルクルさんの利益に全くならないのがわかってても、なお我がままを聞いてくれる。

ウルクルでお部屋探しをしていただいた小澤虎太郎さんと月岡徳人さんにお話しを伺いました。※ご本人の掲載許可を得ています

 

ウルクル熊崎(以下熊):今日はウルクル代表の藤堂と一緒に、焼き肉屋でお部屋探しのインタビューをさせていただきたいと思います。早速ですけど、まずは今の仕事のことを少し教えてください。なぜCA社に入ろうと思ったのですか?

小澤 虎太郎さん(以下小):僕はそもそも東京だけは絶対嫌だと思ってたんです。定時で帰れる会社がよかった。

 

熊:えっ?それがなぜ東京で、CA社で働こうと思ったんですか?

小:CAとは北海道の就活イベントで出会いました。目をキラキラさせて自分の組織とかやってることを話している人たちに興味が湧いてきて部活っぽいというか(笑)。ご飯行こうよって誘われて意気投合して、とにかく『人』にとても魅力があって、今まで持っていた仕事の価値観が変わったんですよね。北海道で就職するという考えを全てなしにしてもいいくらい『人』に惹かれた。それで選考を受けて内定出てっていう感じです。徳人とはインターンで出会いました。一生の友達と言えるくらい気が合って。

 

月岡 徳人さん(以下月):僕は地元が新潟で、大学で横浜に出てきました。ただ、大学時代から急激に女性と遊ぶことにはまり(笑)、いっそのことマッチングアプリを作ってしまおうと思ったんです。そこでサイバーエージェントのビジコンチックなものに応募したんです。

 

ウルクル藤堂(以下藤):自分の好きなことをプレゼンしたんですね(笑)。

月:そうです(笑)。自分で事業をやるには至らなかったんですけど、サイバーエージェントの文化や組織に感銘を受け、入ることを決意しました。

 

熊:ビジコンを通してCA社の文化に触れて感銘を受けたんですね。自分のやってみたいことをまずは提案できる会社というのはいいですよね。ところでお二人が住む部屋を決めたポイントはなんですか?

月:僕は立地と築年数と外見のデザイン性ですね。それからこれは住んだ結果なんですけど、マークシティが歩いて行けるというのは本当によかったですね。めちゃくちゃ近い。

 

小:僕はできるだけ安い家賃で綺麗な所に住みたいというわがままを言わせてもらいました。生まれが北海道なんですけど、北海道にはゴキブリがいないので、1階はどうしても嫌ですと(笑)。

 

ウ:ゴキブリが嫌だというのは、どこかで見たんですか?

小:東京に来て初めてご対面しました。見た瞬間にタダもんじゃないと思って、なまら怖かったですね(笑)。

月:虎太郎の家はとてもキレイなんですよ。実は今日も僕が手伝って大掃除したんです。水回りも全部僕がやって。

 

熊:自分の家を掃除してくれる同期って珍しい関係ですね(笑)。

小:僕は埃アレルギーなので、新築かっていうくらいキレイにしてます(笑)。ごはんおかわりいいですか?

藤:米めっちゃ食いますね(笑)!

 

熊:物件探しで不満はなかったですか?

小:一切ないですね。本当に僕のことを考えてくれて裏で交渉してくれたり、手持ちもなかったんですが、その中でも一番いい物件を探してきてくださって、今の家は本当に気に入ってるんです。

 

藤:音がうるさいとかもないですか?

小:そんなに気にならないですね。

 

熊:あまり良いことばかりだと話がうますぎるんですが(笑)、どこか粗はなかったですか?

月:ホントないですね。たまにレスに誤字脱字があるくらいで(笑)。相当早く打ってるんだろうなと(笑)。

藤:すいません、それはよくあります(笑)。

 

虎:僕は藤堂さんに同期を20人~30人くらい紹介したんですけど、会ったらめっちゃ優しい人ってわかるんですけど、FBのプロフィール画像が和服で腕組みして睨みをきかせているので、みんな警戒しますよね(笑)。「これ、やばい人なんじゃないの!?」って(笑)。毎回「大丈夫なの?」って聞かれるので、途中からは定型文作っておいて、こういう人だから大丈夫だよって返信してましたもん(笑)。

藤:変えましょう、写真(笑)。

渋谷でいい物件、いい部屋探すならウルクル

 

熊:物件探しで印象に残ったエピソードはありますか?

月:ガラス張りのスケスケのお風呂のある物件に連れて行ってもらったんですよ。ネタとしてはものすごくおいしいんでちょっと迷ったんですけど、さずがにこれは住めねぇなって(笑)。

小:毎日Gackt風みたいな(笑)。

月:こういう家もあるんだなって、見れて嬉しかったですけどね。提案としてはよかった。俺のことわかってるなって(笑)。心のくすぐり方をわかってるなって思いましたね。

 

熊:ではちょっと質問を変えますが、なぜ不満が出ないほどの物件に住めたのでしょうか。

小:裏裏で交渉していただり、敷金礼金とか保険とか極力かからないようにしてくれたんですよね。そもそもCAの2駅ルールのことを把握したうえでいろんな物件を紹介してくれたので迷いようがなかったですね。

月:藤堂さんは本当に調整力がすごいと思います。僕ら都合で大変申し訳ないんですけど、ウルクルさんの利益に全くならないのがわかってても、なお我がままを聞いてくれる。なんのメリットもないのに、不動産会社に交渉してくれたりして。

 

藤:確かにお金にならない時もありますけど、今ウルクルがあるのはCAさんのおかげだと思ってます。とはいえボランティアではないから、利益はちゃんと出るようにやってますけど(笑)。

月:仲介手数料無料でどうやって利益が出るんですか?僕と虎太郎はウルクルさんのビジネスモデルに疑問を抱いてるんですよ(笑)。藤堂さんは一体どこで儲けているんだろう?って。

 

藤:物件によってですけど、オーナーさんから数万円~賃料1か月程度の手数料をいただける物件があるんです。

小:そうなんですか!

 

藤:僕は1回きりの関係じゃなくて皆さんの人生がより良いものになるためのお手伝いをさせていただいて、長くお付き合いしたいと思っているから、目の前のお金だけで判断するというのはちょっと違うんです。

小:ほんとありがたいです!

月:確かにオフィスとか借りれば何百万という家賃がかかりますもんね。手数料も結構な額になる。それで返ってくるってわけか。なるほど!

 

熊:二人のように、地方から出てくる人たちにアドバイスするとしたらなにかポイントはありますか?

小:余計なこと考えずに聞きに行ったほうがいいんじゃないかな。

月:どこに住んでいいかさえわからないだろうし、何を軸に決めたらいいのかもわからない。それから初期費用を親身になって調整してくれるのがウルクルさんじゃないかな。

小:入り口が一番きついよね。何もわからないし、経済面も地方から来ると物価が違いすぎてよくわからない。だって僕が小樽に住んでいた時は1LDK35000円だった。渋谷辺りだと1LDK借りようと思ったら10万は最低でも必要じゃないですかね。

月:なんかあったときに相談できる不動産屋があるってのはいいよね。

小:僕が藤堂さんを同期になんで紹介しようかなと思ったかというと、優しく親身に接してくれるだけじゃなくて、地方ってそもそも東京に対して疑心暗鬼というか、すぐお金取られるんじゃないかというような思いがあるんですよ。だから藤堂さんはマルチ商法じゃないですって(笑)、信頼できる不動産屋だから大丈夫だって言うと安心して行きましたね。

月:不動産って聞いただけでね。

小:お金をむっちゃ分捕りそうなイメージあるよね(笑)。仲介手数料も安くったって半分取られますしね。それが当たり前だと思っていたけど実はそうじゃなかった。

 

熊:ウルクルは行きつけの美容室で毎回カットしてもらう美容師がいるように、住まいのことをいつでも相談できる行きつけの不動産屋を目指してますからね。

月:行きつけの不動産屋って確かにないですね。僕も横浜にいたときは引越のたびに不動産屋を変えてました。

小:僕も北海道では2回引っ越しましたけど、2回とも変えましたね。

月:毎回不満が残るんですよ。

小:そうそう。態度悪いし、冷たいというか、ちょっとでも家賃とか敷金礼金の高いところに住まわして、初期費用で儲けようとしようとしているんじゃないかみたいなオーラ出してるよね(笑)。そもそも進めてくる物件がこっちのオーダーに沿ってなかったりするし。

月:携帯の契約のようななんとか安心パックみたいな要らないものを乗っけられるようなイメージですね(笑)。最後にめっちゃチェックして、これとこれ要らないですみたいな。

小:僕は藤堂さんに30万だけでなんとか住めるところお願いしますってオーダー出して、明細をよく見てみると家賃と敷金半分しか入ってない感じで出してもらった。他の不動産屋だったら絶対やってくれない。

 

熊:例えば賃貸の場合は更新料というものがありますよね。一般的に更新料は家賃の1か月分を払いますが、それとは別に事務手数料や書類作成代という名目で0.5カ月取る会社もあるんです。それは良い悪いじゃなくて不動産会社のやり方なので、そういうことも考えて本来契約しなくちゃいけないんですよね。

月:え~っ!そんなんあるんですか!?

小:それはわかんないですよね!何かわからないことがあったらすぐに藤堂さんに連絡します(笑)。

 

熊:家賃の高い安いはどう考えますか?

小:僕は不審者を目の当たりにした時に、家賃は安全を買うためでもあるんだなと思いました。女性のほうが家賃にお金かける理由がなんかわかったような気がしますね。職場からの帰り道のルートで、明るさとか人通りとかは気にしたほうがいい。そういうのも藤堂さんに聞けば全部教えてくれるんでしょうけど。

 

藤:人通りなんかもある程度は把握してますね。大切なのは、『住んだ後にどうか』ですからね。サイバーさんのようにハードワークをされて、夜女性が一人で駅やバス停から帰宅する際に危なくないかな、不安はないかな、とか当然気にします。

実際にこのエリアに僕も色々住んでいるので、地域のことはある程度わかります。ただウルクルは大手のような知名度はないので、FBで和装のおっさんが腕汲んで手数料無料でってやってたら何かあるんだろうなと思われても仕方ないですよね(笑)。

そういう意味では名前を聞いたことのある不動産屋のほうが安心ですよね。もっとみなさんに知ってもらえるように頑張らないとなと思います。

小:確かに知名度で安心するっていうのはありますよね。僕と徳人で夜中に『藤堂さん、マジで悪いビジネスやってるんじゃないか。何でお金儲けてるんだろう?やばい人なんじゃない?』って話したこともありますから(笑)

 

渋谷の賃貸マンションはウルクル

藤:僕はサイバーさんは12世代の方たちからお世話になっていますけど、社員さんが探すであろう好みの物件が今ではだいたいわかるようになりました。比較的意思決定が速いし、マインドが好きというのもあります。気持ちのいい人が本当に多いんですよね。

物件探しという短い期間の中で、いろんな話をするので毎回とても勉強になるんです。

こんなこと言う必用はないかもしれないけれど、成約物件の7割くらいはオーナーさんから手数料が出て、3割はタダ働きだけれどそれでも長期的に見たら安定した売上にはなっています。1回だけのお付き合いではなく、役職が上がったり、環境の変化による住替えや同棲や結婚といったターニングポイントでの皆さんの変化を一緒に見させていただけるのが本当にありがたいと思っています。

買って売って投資してというお付き合いをこれまでたくさんさせていただいたし、子会社の社長になったり、オフィスを紹介して仲介手数料をいただけたり、サイバーさんには本当にお世話になったから、お役に立てることはできるところまでしたいと思います。今日もこうやって焼き肉食べながらパワーもらえるし、僕にとってもいい刺激になる。目先の利益はたいした問題じゃないんですよね。

小:謎が解けたな。僕らが唯一2%藤堂さんを疑っていたところ(笑)。

月:マジでどうやって稼いでいるんだろうという謎が解けた。

 

熊:目の前だけ見てたら疑いたくなるかもしれませんよね。ぜひまた紹介よろしくお願いします(笑)。最後にCA社で働いていてどんなことが楽しいですか?

虎:CAはお金どうこうじゃなくて自己スキルをとにかく洗練させていきたいっていう先輩が多いんです。

月:自分たちが社会を動かすような事業をしていくんだというモチベーションや、広告業界がガラッと変わるぞというワクワク感がある。成功している会社の役員の人たちから、こんな新入社員の僕らがつきっきりで見てもらえるってなかなかないと思うんですよね。

虎:今は本部をより大きくして、自分の尊敬している人たちがいっぱいいる組織の中で、自分のチームを作って、その色を本部に浸透させて組織貢献していきたいなと思います。

記事一覧に戻る