プレスルーム

気持ちのいい人

先日、同業の方と食事をしました。

その方は、重要な話の最中にしゃっくりをして場の雰囲気を和ませるという天性の魅力を持つユーモアあふれる人でした。

 

会話の中で印象的なフレーズがあったんです。

あるお客様に仲介手数料を値切られたことがとても悔しかったと。

 

不動産業界では、今、仲介手数料半額や無料といった宣伝文句が飛び交っています。

不動産仲介にとって、この仲介手数料こそが自分たちの仕事の成果なんですが、残念ながらそれを安売りする営業マンはたくさんいます。会社の方針でという場合もありますが。

この仕事は誰でも同じ物件を取り扱うことができますから、仲介手数料の値引きは、手っ取り早く契約を取るための手段になっていると思います。

しかしです。仲介手数料は安くても、事務手数料だ、24時間サポートだ、鍵交換だ、抗菌消臭だなんだで付帯サービスをがっぽり上乗せさせられて、案外契約料金が高かったというケースは枚挙にいとまがありません。さらには2年毎の更新の際に、更新料1ヶ月とは別に事務手数料0.5ヶ月取る(10万の家賃なら5万)という驚きの不動産会社もあります(笑)。

目先は安くても契約時と更新時に料金が跳ね上がるという戦略ですね。宅建業法的には問題ないんですが、お客様が、他社で契約したらもっと安くなったのに・・と知ったらどうなんでしょうね。

 

私は、賃貸でも売買でも、物件よりもエージェントがまず信頼できる人なのかをしっかり見定めるという提案を社会にしていきたいと思います。今はまだ、既に引越し日が決まっていたり、時間がない中で仕方なく契約をするという場合も多いでしょう。だから家を探すのも少し時間的余裕を持って探してほしいですし、物件と同じくらいエージェント探しも大事にしていただきたいと思います。本当に自分にピッタリな家に住んだ時の心地よさを知ってほしいのです。

 

でもどこにいいエージェントがいるなんてわからないですよね・・。一つの方法としては、不動産会社に電話をしてみたらいいと思います。早口な電話だったり、痛いくらい元気があったり、お客様とわかった瞬間に声色が変わったりする会社は・・・ね、ちょっと(笑)。

 

ちなみにインターネットには不動産会社を暴露するみたいな口コミサイトが山のように溢れていますが、注意して見ていただきたいのは、その記事に広告が貼ってあるかないか。広告があるサイトは、煽り記事をネタに広告費を稼ごうという魂胆があります。まぁ確かにダーティーな(笑)不動産屋もまだまだあるみたいですが。

 

でもいい不動産会社はたくさんあるし、いい仲介もたくさんいます。前述の方もそうですが、自分の仕事にプライドを持っている人は、本当にお客様のために仕事をします。必要な情報を丁寧に出しますし、契約を焦ったりしませんし、何よりお客様が言ったことを鵜呑みにはしません。本質がどこにあるのかを確認しながら話を進めますから、お客様との距離感も必然的に縮まります。お客様の見えないところでめちゃくちゃ仕事をしますしね。

それが仲介手数料を値切られたわけですから、自分の仕事に対して「なんで!?」ということになりますが、その方の器が大きいなと思ったのは、自分のミスだからというところに帰結したんですよね。お客様が良くなかったと言ってしまえばそれで終わりですが、自分に落ち度があり、それに気づけなかった自分が悪いと。

 

私は初対面でしたが、すぐにファンになりましたね。ウルクルもそういう仕事をしたいと常々思っているし、同じ価値観で働く人に出会えたことがとても嬉しかったです。仲介という仕事柄人とはたくさん出会えます。でもなかなか深い考えまで一致する人とは簡単には出会えません。その方はまだ若かったのですが、私が何十年もかけて培ってきたことを既に理解して実践されていましたので、本当に頭が下がります。その日は結局終電ギリギリまでずっと話をしていました。あやうく帰れないところだった・・・(笑)。時間を忘れて話ができる人というのは本当に楽しいです。たくさん勉強させていただきました。出会いに感謝です。

 

 

ウルクル

熊崎

記事一覧に戻る