プレスルーム

感謝を忘れずに

こんにちは、CD室の熊崎です。

コロナの終息が見えない中、不安を抱えている人もたくさんいると思います。もちろん私もその一人。

『不安をポジティブに変えていこう!』なんていう軽さはないので、不安の根源をしっかりと受け止めたうえで、じゃあどうしようか、という気持ちでいます。

幸いなことに仕事があり、働く環境があることに、まず感謝の念を覚えます。本当にありがたいですね。

 

さて、マスメディアは連日誰かしらの批判を重ね合い、色をつけてコロナショックを煽っています。コロナ疲れを作っている一因がそこにあることはもうみんな気づいていますよね。医療崩壊が起き始めている現実は最小限だけ伝えて、空中戦で誰かの批判をするほうが視聴率が取れて責任がないのかなと勘ぐってしまいます。メディアもどこかの責任者と同じで経済優先なのはわかりますけど、最前線で戦う人に感謝することを、いつだって忘れないでほしいなと思います。

 

なんでこんな話を持ち出したかと言うと、今回は一緒に働くウルクルズについて書こうと思いましてね。この機会に感謝の気持ちを残しておこうと思ったんです。

私がウルクルに入社して1年9ヶ月が経ちました。当時は私を入れて4人だったんです。そこから時が経ち、ウルクルには今、私をのぞく8人のスペシャルなメンバーがいます。それぞれキャラが立っていて、私はその個性がどうしたら太陽に向かって伸びていくか、あれこれ考えています。一人一人違うやり方で、でもそれが本人にとってとても心地いいやり方を。

明日からは一人一人、考えていることを述べたいと思います。

このメンバーで働けることに感謝をして。

ありがとう!

記事一覧に戻る