プレスルーム

やりたいことはなくてもいい

こんにちは、コーポレートデザイン室の熊崎です。

 

好きなことを仕事に。

やりたいことを仕事に。

なんて言葉がありますが、それができたら苦労しないですよね。

やりたいことなんて若いうちはなくてもいいし、むしろやりたいことがなくちゃいけないわけでもありません。むしろ年を取ればだんだんとできることなんて勝手に絞られてきます。

 

大事なのは、新しい仕事を始めようとするときや仕事以外でも何かしようとするときに、「やってみたいな」という『気持ち』が動くかどうか。

私は、世の中、やりたいことをやっている人より、一生懸命やっていたらそれが好きになったという人のほうが多いように思います。

こんなことを書いている私も、別に好きなことが仕事になっているとは思いません。この仕事もご縁だし、私は仕事よりも人で職場を選びたい年齢なので、そういう意味では今の職場は最高に素晴らしい仲間に恵まれています。仕事にしたって学ぶほど面白みがあるので、不動産の仕事は面白いなと思います。

 

仕事の本質は、利益をいただくお客様に対して誠実に仕事ができるかだけなので、どの仕事をしても本質は変わりません。それがどこかでねじ曲がり、お客様のためではなく、会社の利益のためというのが強くなりすぎると、色々と窮屈なことが出てきます。

だから働く職場で、お客様のために仕事ができていないなと思ったら、それはその職場を変える時なのではないでしょうか。

 

夢があったほうがいいとは思いますが、なくちゃいけないわけではない。

やりたいこともあったほうがいいけど、なくちゃいけないわけではない。

 

私は、目の前の仕事に一生懸命になれる環境があれば、好きになっていくものじゃないかなと思います。そして仕事をする面白さを教えてくれる先輩後輩、経営者がいる職場はずっと長く働いていられると思っています。

記事一覧に戻る