マンション・アパート管理

何より結果としてどう示してくれるのか見てみたかった

※橋本様には現在テナントビルの入居者様募集をお任せいただいております

ウルクル(以下ウ):最初は飛び込みで驚かれたのではないですか?

橋本様(以下橋):はい。営業の電話はよくかかってきますが、自宅に来られるのは慣れていませんでした(笑)。しかし第一印象は熱意のある好青年だなと。

 

ウ:今まで管理をお願いしていた会社があったのではないでしょうか?

橋:お付き合いのある不動産会社さんはいました。しかしウルクルさんは地域に根差した会社でしたので、一度お任せしてみようと思いました。目を見ると本気度がどのくらいなのか、一言二言話すとなんとなく人柄がわかったりしますし、何より結果としてどう示してくれるのか見てみたかったのです。

 

ウ:その「結果」はどうでしたか?

橋:何度か入れ替わりはあったのですが、毎回いい入居者様を連れてきてくださいます。

 

ウ:報告や連絡・相談などの対応はいかがですか?

橋:完璧です(笑)。面倒くさいなと思うことはみんなやってくださるし、最近も連絡が途絶えてしまい、敷金が返還ができなかった入居者様がいたのですが、わざわざ探してきてくださいました。こういうことは仕事としてどこまで頼んでいいのかわからない部分はあるのですが、何を言っても即動いてくださるので、政治家になったほうがいいんじゃないかと思ったり(笑)。

 

ウ:逆に厳しい目でウルクルのダメな部分を教えてください

橋:今の時代、問われるのはコミュニケーションです。今、ゴルフを2か月に1回ご一緒いただいているのを、できれば1月半に1回くらいにしていただくと…(笑)。まぁこれは冗談ですが、仕事だけの関係ではなく、プライベートでも仲良くしてくださるので信頼関係が深まっていくのを感じます。オーナー業をされている方には、いい仕事をしてくださるので、長くお付き合いできるパートナーとして、顔写真出す以上は、「任せて安心ですよ」と、胸を張って言わせていただきたいと思います(笑)。

 

記事一覧に戻る