不動産事業部

ハセガワ ケンタ 長谷川 賢太

不動産エージェント

新潟県三条市出身。高校卒業後、音楽活動のため上京。プロミュージシャンとして活動した後、SFPダイニングにて飲食店『磯丸水産』を8年経験。情熱と行動力を買われ、新店舗を開店させては経営を軌道に乗せるという、開店請負人として活躍した。途中、上場の経験もする。その後1社を経て、2020年2月にウルクルへ加入。宅地建物取引士。第二種衛生管理者。

いい物件プラスアルファがお客様にとって大事だと思います

▼趣味・特技

仕事が終わってから、ジムへ週4回通っています。ベンチプレス80kg上げたりランニングしたりと、毎回2時間はトレーニングします。それからゲームは好きでよくやりますが、RPGとか三国志のシミュレーションゲームなんかは熱くなります。あとは読書でしょうか。自己啓発の本をよく読みます。自分を高めることが好きなのかもしれません(笑)。

 

▼わたしの強み

小さなことをコツコツと積み上げることは、根気強く続けていける自信があります。仲介という仕事は、自分が前に出るのではなくて縁の下の力持ちです。物件とお客様との最適なマッチングを実現するためには、その過程において多くの関係者との膨大なコミュニケーションがあります。一歩進んで二歩下がるみたいなことは日常茶飯事ですし、わからないことだってでてきます。それを自分が納得できるまで調べて落とし込むのですが、そういう作業は昔から苦ではありません。学生時代は陸上部で毎日10km走っていましたが、自分がどこまでやれるのか常に追い込んでいました。Mなんです、たぶん(笑)。だから仕事も妥協せずにとことん追求したいと思っています。

 

▼お客様へのメッセージ

物件を探す際には、条件がたくさんあると思います。その条件の一つ一つにあるお客様のバックボーンを、ちゃんと受け止めて、お客様の求めるものを最大限に具現化したいと思っています。ただ物件を探すだけのエージェントではなく、お客様に「ここにして本当によかった」「いいスタートが切れた!」と言っていただけるような、物件探し以外のことも頼っていただけるような仕事をしたいと思っています。いい物件はたくさんありますが、私はプラスアルファをどれだけ提供できるかを大事にしたいと思います。

また、私には長年の飲食店経験がありますので、オープンまでのオペレーションや経営を軌道に乗せるためのマネジメントについては、お客様に求めていただけるのであれば、微力ながらサポートさせていただきたいと思っています。

 

▼オーナー様へのメッセージ

末永くお付き合いさせていただければと思います。オーナー様の求めるものを深く理解するにはそれなりの時間が必要だと思っています。まずは小さなことからでも『結果を出すこと』が大事ですし、仕事を通してだんだんとお互いの関係性が深まってこれば、『ああ、こういうことを求めていらっしゃるのだな』というのが分かってくるようになると思います。これはバンドも似たようなところがあって、メンバーの求めている音を出した時は、その場にグルーヴが生まれるんです。オーナー様とはグルーヴを作るわけではありませんが(笑)、大切な資産を安心して預けていただける存在になれるよう頑張りたいと思います。

 

渋谷エリアで飲食店開業をお考えなら、飲食開業エージェントにお任せください。

戻る

エージェント紹介