一直線

信じた道に

頑固です

ADVISORY TEAM
AGENT

YU WATANABE

ADVISORY TEAM
AGENT

YU WATANABE

経歴

秋田県大仙市出身。高校卒業後、渋谷109でアパレル販売員として働く。不動産会社2社を経て、2021年8月にウルクルへ入社。不動産業界は関わること早6年。管理業をメインに携わってきたため、今は賃貸仲介を深堀りしながら、売買の勉強やリノベにも興味があったりと、やりたいことがいっぱいで色んな不動産のジャンルを経験したいと思っている。将来の夢は、マンション購入。

資格

中型自動車運転免許

私ができること

  • 賃貸仲介 (住居・オフィス ・店舗・駐車場)

  • 売買仲介 (住居・ビル ・土地・投資物件)

  • 不動産管理 (PM)

スピードと誠実さ

「WATANABEさんって寝てますか?」と聞かれることがあります。お客様もお忙しいので、深夜や早朝にメールを頂くことが多く、出来るだけすぐに対応したいという気持ちから返信するからだと思いますが。それから、相手に敬意を払って誠実に接する事を心がけています。相手と話すとき、周りが聞いていて不快な気持ちにならないように、気持ち良く仕事をすることを大切にしています。

次もWATANABEさんにお部屋探しをお願いしたい

無事お部屋が決まり、鍵をお渡しするときに「次にお部屋を探す時もWATANABEさんにお願いしたい」と言われた時が一番嬉しいです。良いご提案が出来ていたのか、お客様のご希望を叶えられたのか、と振り返って考えることがあります。『またお願いしたい』と言ってもらえるのは、私のやりがいにつながるありがたいお言葉です。

ウルクルの経営陣

誰でも経験があると思いますが、私はこれまでどの職場でも、「会社のため」「組織のため」と働いてきました。それが悪いわけではないですが、ふと今までの仕事人生を振り返ると、「自分は何をしてきたんだろう」「誰のために働いているのだろう」と思うことがありました。毎日の業務に追われて疲弊し、自分の意志とは違う事を会社の指示でやらなければいけないことに違和感を感じ、ずっと耐えていたこともあります。そんな中、熊崎さんに出会い、今までの働き方や考え方が180度変わり、今があります。面接の時に「自分のために仕事をしてください」という言葉が忘れられません。最初は全く理解が出来ず、「早く慣れて会社に恩返し出来るように」「会社に貢献できるように」と口にしていたのですが、仕事をしていくうちに、「自分のために」という言葉が少しずつ理解できるようになりました。それはこの会社が社員に求めているのは、会社の利益よりも自分の人生を豊かにしてほしいという想いがあるからだと思います。今は自分のために仕事が出来る会社で働けていること、入社させてもらえてウルクルのスカウトマン熊崎さんには感謝しかないです。そして経営陣が毎日自らトップ営業マンとして働く姿にもいつも刺激をもらい、まだまだ足元にも及びませんが、近くで勉強して技術や考え方を吸収していきたいと思っています。

仕事に対する考え

  • もし自分だったら

    仕事をする上で常に自分ごととして考えるようにしています。とはいえ抜けていたり、考えが及ばないこともまだまだありますが、、。例えば設備の不具合が起こった時に、自分だったら直ぐに連絡が欲しいし対応してほしいと思います。ただ他にも対応しなければいけないことがあったりして直ぐに対応ができない時は、一本連絡だけは入れるようにしています。そうすることでお客様の不安感が少しでも軽減され、他の問題に発展することも少ないのではないかなと思います。

  • 出会うべくして出会う

    不動産の仕事をしていていつも感じるのは、過去に出会った人に全く違う場所で会ったり、つながっていたりすることが多いな~ということです。先日判明したのは、私が最初に入った不動会社にいた時、今の藤堂社長が仲介業者として契約のために来社していて同じ会社内にいたということです。そのお客様が芸能関係の方だったのでとても覚えていて、実際に私は契約の場にはいなかったのですが、その当時あの場で契約していたのが藤堂社長だったようです。。。何気ない会話からそんな過去が判明し、思わず「社長だったんですか、あの時の仲介業者さんは」とびっくり!他にも過去に『この人に会ったことがある!』という瞬間が多く、社内だけでなく、いつどこで誰とつながるか分からないので、お客様とも出会うべくして出会っていてご縁なんだと思い、どんな出会いも大切にしたいと思っています。

  • 動かなければ始まらない

    私は高校の頃に好きなブランドがあり、「いつかはそのアパレルで働きたいな」と漠然とした夢を持っていました。ある日知人に行ったことが無かった渋谷109に連れて行ってもらい、好きだったブランド店に入り、キラキラ輝いてイキイキと働いている店員のお姉さん達を見て「やっぱりここで働きたい!」と強く思い、直ぐに店を出て道玄坂で電話をしたのを覚えています。無事採用にはなったものの思い返してみれば、あの時あの場所に行かなければ夢を掴むことが出来ませんでしたし、休みがほとんど無く毎日が忙しかったですが充実した日々を過ごすこともなかったと思えば、とにかく「行動すること」が大事だと思います。行動することで色んな変化が起き、良いことも悪いこともありますが、前に進んでいけるんだと思います。行動あるのみ!

  • チャンスはどこに転がっているか分からない

    最近、自分の働き方やなりたい自分・将来の自分を実現するためには今どうすればよいかを考える機会が多くなりました。というのもウルクルに入社したての頃は、「ビギナーズラック」だったのか毎月目標をクリアできていました。ただいい時もあればそうでない時もあり、特に後者が続くと何が変わってしまったのか、自分の気持ちは変わらないのに何がいけないのか自問自答したりします。業務のやり方を変えるだけでは限界があるなと。そこでウルクルの最大の良さ「チームの垣根がない」ところを活かし、今までは賃貸管理や仲介をやってきましたが、これからも賃貸をやりつつ、将来の自分の夢でもあるマンション購入の勉強も兼ねて、売買に携わっていきたいなと思っていたら機会を頂いたり、お付き合いのあるオーナー様から一棟ビル購入のお話しを相談されたりと、仕事の幅を広げられるようなお話が舞い込み、いつどこでチャンスが転がり込んでくるか分からないなと思います。常にアンテナを張って、仕事がいつ来てもいいように準備をしておくこと。貪欲に変化を恐れず何事にもドンドン挑戦していきたいと思います。もちろんお客様の満足が何よりも大切ですが。

  • 失敗から学ぶ

    自分の思い込みや今までの感覚だけでやってしまっていたことで失敗してしまったことがあります。会社や上席にも迷惑をかけてしまう事態になってしまったのですが、思い返せば「そもそもあの時こうすべきだった」と思う点が見つかり反省し、学んだことが沢山ありました。誰かのせいではなく自分の招いたこと。「自分がこうすべきだった」と思ったことは次に活かそう!失敗した時の気持ちを絶対忘れない、次は失敗しない!と心に誓い業務をブラッシュアップするように心がけています。

  • 視野を広げて色んなことを経験する

    私は元々出不精なので休みの日は基本家から出ません。これと言ってあまり趣味もないので行動範囲も超狭いです。しかしこの会社に入社してから、登山だ、野球観戦だと誘われることが多くなり、自分では絶対にやらないことを経験させてもらっています。最初は全く気分が乗りませんでしたが、実際にやってみるとめちゃくちゃ楽しくて新鮮な気持ちになります。自分の価値観や固定概念で今まで損をしてきたなと改めて思い知らされました。色んな経験をすることで、色んな人と出会うこともできますし、今後の仕事でも活かせることも増えてくるのではないかなと思います。これからももっと色んな経験をして自分を高めていきたいです。

  • もし自分だったら

    仕事をする上で常に自分ごととして考えるようにしています。とはいえ抜けていたり、考えが及ばないこともまだまだありますが、、。例えば設備の不具合が起こった時に、自分だったら直ぐに連絡が欲しいし対応してほしいと思います。ただ他にも対応しなければいけないことがあったりして直ぐに対応ができない時は、一本連絡だけは入れるようにしています。そうすることでお客様の不安感が少しでも軽減され、他の問題に発展することも少ないのではないかなと思います。

  • 出会うべくして出会う

    不動産の仕事をしていていつも感じるのは、過去に出会った人に全く違う場所で会ったり、つながっていたりすることが多いな~ということです。先日判明したのは、私が最初に入った不動会社にいた時、今の藤堂社長が仲介業者として契約のために来社していて同じ会社内にいたということです。そのお客様が芸能関係の方だったのでとても覚えていて、実際に私は契約の場にはいなかったのですが、その当時あの場で契約していたのが藤堂社長だったようです。。。何気ない会話からそんな過去が判明し、思わず「社長だったんですか、あの時の仲介業者さんは」とびっくり!他にも過去に『この人に会ったことがある!』という瞬間が多く、社内だけでなく、いつどこで誰とつながるか分からないので、お客様とも出会うべくして出会っていてご縁なんだと思い、どんな出会いも大切にしたいと思っています。

  • 動かなければ始まらない

    私は高校の頃に好きなブランドがあり、「いつかはそのアパレルで働きたいな」と漠然とした夢を持っていました。ある日知人に行ったことが無かった渋谷109に連れて行ってもらい、好きだったブランド店に入り、キラキラ輝いてイキイキと働いている店員のお姉さん達を見て「やっぱりここで働きたい!」と強く思い、直ぐに店を出て道玄坂で電話をしたのを覚えています。無事採用にはなったものの思い返してみれば、あの時あの場所に行かなければ夢を掴むことが出来ませんでしたし、休みがほとんど無く毎日が忙しかったですが充実した日々を過ごすこともなかったと思えば、とにかく「行動すること」が大事だと思います。行動することで色んな変化が起き、良いことも悪いこともありますが、前に進んでいけるんだと思います。行動あるのみ!

  • チャンスはどこに転がっているか分からない

    最近、自分の働き方やなりたい自分・将来の自分を実現するためには今どうすればよいかを考える機会が多くなりました。というのもウルクルに入社したての頃は、「ビギナーズラック」だったのか毎月目標をクリアできていました。ただいい時もあればそうでない時もあり、特に後者が続くと何が変わってしまったのか、自分の気持ちは変わらないのに何がいけないのか自問自答したりします。業務のやり方を変えるだけでは限界があるなと。そこでウルクルの最大の良さ「チームの垣根がない」ところを活かし、今までは賃貸管理や仲介をやってきましたが、これからも賃貸をやりつつ、将来の自分の夢でもあるマンション購入の勉強も兼ねて、売買に携わっていきたいなと思っていたら機会を頂いたり、お付き合いのあるオーナー様から一棟ビル購入のお話しを相談されたりと、仕事の幅を広げられるようなお話が舞い込み、いつどこでチャンスが転がり込んでくるか分からないなと思います。常にアンテナを張って、仕事がいつ来てもいいように準備をしておくこと。貪欲に変化を恐れず何事にもドンドン挑戦していきたいと思います。もちろんお客様の満足が何よりも大切ですが。

  • 失敗から学ぶ

    自分の思い込みや今までの感覚だけでやってしまっていたことで失敗してしまったことがあります。会社や上席にも迷惑をかけてしまう事態になってしまったのですが、思い返せば「そもそもあの時こうすべきだった」と思う点が見つかり反省し、学んだことが沢山ありました。誰かのせいではなく自分の招いたこと。「自分がこうすべきだった」と思ったことは次に活かそう!失敗した時の気持ちを絶対忘れない、次は失敗しない!と心に誓い業務をブラッシュアップするように心がけています。

  • 視野を広げて色んなことを経験する

    私は元々出不精なので休みの日は基本家から出ません。これと言ってあまり趣味もないので行動範囲も超狭いです。しかしこの会社に入社してから、登山だ、野球観戦だと誘われることが多くなり、自分では絶対にやらないことを経験させてもらっています。最初は全く気分が乗りませんでしたが、実際にやってみるとめちゃくちゃ楽しくて新鮮な気持ちになります。自分の価値観や固定概念で今まで損をしてきたなと改めて思い知らされました。色んな経験をすることで、色んな人と出会うこともできますし、今後の仕事でも活かせることも増えてくるのではないかなと思います。これからももっと色んな経験をして自分を高めていきたいです。