実直モンスター

不器用な

申し訳ありません

COLORFUL TEAM
AGENT

SHUN SUGITA

COLORFUL TEAM
AGENT

SHUN SUGITA

経歴

東京都東村山市出身。大学時代に働いていたコンビニで、独立採算制のような目標を厳しく追いかける日々から、営業の仕事に興味を持つ。新卒で不動産会社に入社してから約10年間、賃貸・売買・管理などオールラウンダーな仕事をしてきた。2022年2月にウルクル入社。

資格

普通自動二輪免許
普通自動車免許

私ができること

  • 賃貸仲介 (住居・オフィス ・店舗・駐車場)

  • 売買仲介 (住居・ビル ・土地・投資物件)

  • 不動産管理 (PM)

  • リノベーション

  • リフォーム

一つでも楽しく思える良い要素を

賃貸にしても売買にしてもお引越しをする理由は様々ですが、多くはお勤め先の移動などライフスタイルの変化から起こるアクションです。結果としてお引越しをしない方が良い場合もありますが、どうせお引越しをするなら、お引越し後に一つでも良い変化があるようお手伝い出来ればと思っています。「勤務先から近くなる」のであればその分空いた時間で「何をしたいか」、「お部屋が広くなる」ことでどんな家具を置きたいか、「物件の築年数が浅く、綺麗になる」ことでどんな暮らし方をしたいかなどを、一緒に想像しながら物件を探していければと思っています。

ご信頼頂いた先にあるもの

リピート、ご紹介のお客様に恵まれることが不動産営業冥利に尽きると考えています。家を探されている方には、ライフスタイルの変化という人生の節目をお手伝いさせて頂きますので、非常に責任を感じます。また、オーナー様には大切な資産の募集活動をさせて頂きますので、1日も早くいい入居者様にご契約いただき安心をお届けする。ひとつひとつの仕事を丁寧に積み重ねていくと、少しずつご信頼も頂けます。そして、「友人が引っ越したいらしい」「知り合いのオーナーが困っている」などのご相談を頂いた時に大きな喜びを感じます。

一皮も二皮も剥けたご指導

20代前半で出会った上司の指導がなければ、今日、楽しく仕事に取り組んでいる自分はいないはずです。社会人になってから、有限である時間を沢山使って指導してくれるような方の存在はそんなに多くはありません。今でこそお互いに非効率的な面もあるかとは思いますが、当時の自分に最も足りていない部分について、自分自身が気づくまで、毎日のように同じことを様々な角度から教えて頂きました。言葉で聞いて理解出来ても、これを直すことや、行動にすることは容易でありません。プライドが高く、変化に魅力を感じられなかった自分に対して懲りずに繰り返してご指導を頂いたお陰で、凝り固まった発想や行動が変わり、仕事を“楽しむ”本質を教えて頂きました。

仕事に対する考え

  • 自分を大切にするから周りの人を大切に出来る

    『営業』というとフロントで利益を上げたり、モノやサービスを売るのが仕事という考え方があると思いますが、ごく一部を除いて、人と関わらない仕事・業務は存在しないと思います。全力で仕事をして成果を上げるということは、少なからず周りの人に支えられ、周りの人との協力は不可欠です。関わる全ての人を大切にすることでうまくいくことが多い仕事ではないかと思います。言うが易しで行動にすることは簡単ではないですが、まずは家族をはじめとする身近な人を大切にすること、更には自分自身を大切にしてこそ周りの人、そして関わる全ての人々を大切に出来ると考えています。

  • 不動産屋における信頼

    不動産屋は今も昔も、「騙されているような気がする」、「無理に部屋を決めさせられる気がする」、「営業マンの成績が第一」などの良くない評判が方々で囁かれていると思います。営業という職種を目指したところから不動産業界に飛び込み、この仕事の魅力を今なお感じていますが、蔓延る負のイメージは頷ける部分があります。微力ながらもこのイメージを少しでも変えられるように、“信頼第一の仲介をする”という使命感をもって、日々精進出来ればと考えています。

  • 自分を大切にするから周りの人を大切に出来る

    『営業』というとフロントで利益を上げたり、モノやサービスを売るのが仕事という考え方があると思いますが、ごく一部を除いて、人と関わらない仕事・業務は存在しないと思います。全力で仕事をして成果を上げるということは、少なからず周りの人に支えられ、周りの人との協力は不可欠です。関わる全ての人を大切にすることでうまくいくことが多い仕事ではないかと思います。言うが易しで行動にすることは簡単ではないですが、まずは家族をはじめとする身近な人を大切にすること、更には自分自身を大切にしてこそ周りの人、そして関わる全ての人々を大切に出来ると考えています。

  • 不動産屋における信頼

    不動産屋は今も昔も、「騙されているような気がする」、「無理に部屋を決めさせられる気がする」、「営業マンの成績が第一」などの良くない評判が方々で囁かれていると思います。営業という職種を目指したところから不動産業界に飛び込み、この仕事の魅力を今なお感じていますが、蔓延る負のイメージは頷ける部分があります。微力ながらもこのイメージを少しでも変えられるように、“信頼第一の仲介をする”という使命感をもって、日々精進出来ればと考えています。