1+1=10

エクストラマイル

追求せよ

CHIEF MARKETING OFFICER

MASAKI KUMAZAKI

CHIEF MARKETING OFFICER

MASAKI KUMAZAKI

経歴

名古屋市出身。13歳から新聞配達を始め、10種以上の職業を経験。専門学校卒業後、シンガーを夢見るも、2002年にもう一つの夢だったW杯決勝観戦にて燃え尽き、音楽の夢も封じる。27歳から広告営業を始め、30歳で起業。その後、武蔵野大学で心理学を学ぶ傍ら、企業のメンタルヘルス対策を支援する会社に入社。営業の他、会社作り全般を担う。40歳で第一子誕生を機に退職。2年の子育て後、2018年7月にルームデポイクシイ(旧社名)入社。現在は、コーポレートデザイン室に所属し、『なんでも屋』を担当。

資格

宅地建物取引士、業務管理者、防火防災管理者、産業カウンセラー

私ができること

  • 賃貸仲介 (住居・オフィス ・店舗・駐車場)

  • 不動産管理 (PM)

謙虚に学び続ける。

「経験が通用するうちはいい。でも、経験が通じなくなった時のために理論がある」これは心理学を学んだ大学の先生の言葉です。どんな仕事も、何年かすれば経験だけである程度できるようになります。しかし、周辺知識や新しい何かを常に学ぶことで、仕事の幅は広がり、結果、たくさんの人の役に立てるのではないでしょうか。ありがたいことに私の周りにいる人生の先輩たちはカッコいい。50代60代70代という年齢に関係なく、大学院に通ったり、研修に参加して自己研鑽しています。私もそんな老年期へと向かいたいので、いくつになっても学ぶ姿勢は持ち続けたいと思っています。

人生に触れる

この仕事は本当にたくさんの方に出会えることが魅力で、顧客と一緒に年を取っていける素晴らしい仕事です。そして人のつながりをこれほど感じられる仕事も珍しいかもしれません。一期一会ではなく、ご縁が続いていくことを味わえます。私は心理学やメンタルヘルス分野に関心が強く、人の『人生』に強い興味があります。職務の性質上、プライベートな話も聞かせていただくことも多いため、十人十色という言葉のように、お客様ひとりひとりの個性がとても興味深く、面白いなと思います。特に会話の中において、”心が動く瞬間”を汲み取れた時には、とても温かい気持ちになれます。

仕事に対する考え

  • 不動産業界に新しい働き方を作る

    私は2017年に不動産業界に入り、これから会社作りをするにあたって、藤堂と政岡に「いずれは男女比を5対5にしたい」、そして私たちが使う「言葉」にNGワードを設けました。不動産業界は男性社会であり、また、言葉尻が強い人も多い(笑)。「NGワードを言ったら1,000円」という制度を作り、罰金箱を設置し、零細企業の働き方改革はスタートしたのです(笑)。 男女比を5対5にするのには理由があり、不動産の女性営業職は、30代を過ぎると極端に減ります。特に子供を持つ方は事務職に回ったり退職したり、営業を続けることが難しい。 でも女性でも人と関わることが好きな人はたくさんいるはずです。そういう方が働き続けられる環境を作りたい。住まいにおいて、女性は主役であることが多いわけですから、同性の営業がいたほうが、物件を見る視点や家を作る視点が変わるのではないかと思うのです。そして、会社でいえば売上至上主義から、顧客満足度を大事にするような会社が増えるのではないかと思います。不動産業界の離職率が高いのは、働きにくいからです。私はこれを変えるヒントを藤堂と政岡から見つけました。 私は前職のメンタルヘルス業界で、離職率改善のコンサルを長らくやってきましたので、それを一つずつ調整しながら現在まで来ています。 私は、不動産の営業というこんなに人に恵まれる仕事もないと思うので、それをもっとたくさんの人に知ってほしいのです。この働き方改革は10年か20年か、時間はかかると思います。でも生涯をかけてやってみたいと思える仕事です。

  • 資格って必要ですか?

    不動産業界で役立つ国家資格はたくさんあります。宅地建物取引士、管理業務主任者、不動産鑑定士、土地家屋調査士、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、建築士、司法書士、行政書士、社会保険労務士など。 資格を取るには労力もお金もかかりますが、一つも持っていなくても仕事はできます。ですが、私は資格を取ることにどんな意味を見出せるかではないかと思います。『給料を上げるために取る』なら、ちょっと悲しいですが・・・。 資格はお客様のために取り、使うもの。そして仕事に責任を負うかです。国家資格の多くには独占業務があり、宅建や管理業務主任者であれば重要事項説明や契約書への記名押印は資格がないとできません。いくら仕事ができても、資格がなければ最終的に法的な責任は負えないのです。 国家資格は知識が体系的にまとまっていますので、勉強するほど仕事に活かす土壌が作れます。また、初対面で名刺を差し出した時、少なからず安心する方がいます。でも取った後に勉強しないのであれば、ただの肩書ホルダーになってしまいますので、継続的な勉強を怠らず、専門性を深めていくことは重要だと思います。特に不動産は、お客様の人生に大きく影響する責任ある仕事です。「勉強して当たり前」にならないと、人の役に立ち続けることは難しいと思います。

  • 稼ぐならSE、人脈なら営業

    「不動産営業=稼げる」というイメージを持っている方も多いと思います。実際稼げる業界ではありますが、現代で一番稼げるのはシステムエンジニアだと思います。将来性もありますし、パソコンひとつで、しかも自宅で仕事ができたりしますから。 不動産仲介は、この先も必要な仕事ではありますが、2000年の頃のように大きく広がることはありません。AIが台頭し、人を介さなくてもよくなっていく未来があるからです。もしこれから不動産仲介をしたい方がいたら、部分部分で仕事をするのではなくて、0から10までをできる『手に職』がないと、将来性はないと思います。衣食住に関わる仕事なので、仕事がなくなることはありません。しかし、時代が変われば形も変わることを想像して働かないと、後になって困るのは自分です。 では、不動産営業の良さは何かというと、それは人と果てしなくつながっていけるということ。SEだとグローバルにつながっていけますが、不動産営業はFace to faceの直接的なつながりです。また、自分の日常生活では出会うことがないであろう人たちとたくさん出会うことができます。『人脈』をつくり、人に豊かでいたいなら、最高の仕事だと思います。 稼ぐならSE。人脈なら不動産営業。私はそう思っています。

  • 勉強する人しない人

    恥ずかしながら27歳までの私は、勉強する意味を全く知りませんでした。勉強の先に何があるか。今でこそ得られる果実を実感していますが、そもそも勉強をする意味や楽しさを感じなければ、人は怠け者ですから、積極的にはしません。私は大人の勉強は、強みを伸ばすために学ぶのがいいと思っています。だから自分の好きなこと、得意なことを追求していけばいいと思います。世の中できることとできないことでは、圧倒的にできないことが多いわけです。同じ時間を使うのであれば、できることに時間を費やして、自分の強みをどんどん伸ばす。勉強を嫌なものだと思う人は、27歳までの私のように、勉強の面白さを知らないのだと思います。勉強をするほど仕事だけではなく、社会が正しく捉えられるようになるし、それは自分の自信にもつながると思います。

  • 残業しない会社

    かつて日本企業は、長時間働いて結果を出すという文化で成長してきました。 しかし過労死や自殺者が増えたこと、また残業代未払いなどの問題が表面化して、今は「週40時間労働」を守り、残業代をしっかり払いましょうという社会になっています。 私は8時間で出した結果を、7時間や6時間で出すにはどうすればいいかをいつも考えています。長時間労働しないと結果が出ないのであれば、仕事のアップデートが足りないか、不要な仕事か、もしくは金脈かです。 残業には良い側面もあり、実務経験をたくさん得られるので、業務スキルがアップします。新人であったり、人より早く進みたければ、人の2倍働け!なんていう自己啓発本も理解できます。 仕事が好きでもっと働きたいのに会社は8時間で帰れと言われる・・。そんな声もあるようですが、なにも会社に残って仕事しなくても、今はどこにでもビジネスのネタは落ちているので、広い視野で考えることも必要ではないでしょうか。 そもそも零細企業の営業職で、残業しない働き方は難しい。お客様あっての仕事なので、休日対応もあるし、自分の時間通りにお客様が動いてくれるわけでもありません。もし残業せずに営業職をしたい方は、中小・大企業のシステム化された職場で働くことをお勧めします。ただ、ウルクルは他の零細企業に比べれば、残業時間は少ないと思いますが。 一覧へ戻る

  • トイレ掃除の本質

    車用品のイエローハットの創業者である影山さんは、会社の売り上げが低迷したときに、「自分にはこれしかできない」とトイレ掃除を始めたといいます。それを見た社員は、「社長がトイレ掃除なんて、私もやります!」とついてきたようで、私はとても衝撃的でした。トイレ掃除が重要というよりも、人のやりたがらないことを進んでやる姿勢が社員の心を打ったのではないかと思います。ウルクルでもそれを真似て、入社したらまず一番最初にする仕事はトイレ掃除としました。たかだか10分の掃除時間ですが、いかに効率よくキレイに仕上げられるか。そして掃除のクオリティーを常に上げていく。ただ掃除をするだけでは意味がありません。誰のためにしているのか。それを考えなければ、掃除のクオリティーを上げる意味は見い出せません。時間内に何ができるかを考えるというのは、停車中の新幹線を7分間でピカピカにする”テッセイ”というチームを参考にしています。結局仕事も同じで、上辺のキラキラした部分だけを見て仕事をしていては、それで1度くらいは人の役に立てたとしても、継続することは難しいと思います。水面下の努力や、人のやらないことを積極的にやってこそ、人間性も磨かれるのだと思います。

  • 働き方のスタンダード

    自分の『今の働き方』が1年後、3年後、5年後のスタンダードになると思います。手を抜くことばかりを考えていると、そういう働き方が当たり前になり、ハードワークをする人はそれが当たり前になる。どちらを選択するかは自由ですが、前者だと結局困るのは自分です。習慣化されてしまったものはなかなか変えることが出来ません。だから自分がどんな人になりたいか。どんな働き方をカッコいいと思うかイメージがないと、目の前の仕事をただするだけになってしまいます。思考は現実化するというナポレオン・ヒルの言葉があるように、イメージがあり行動すればそれに近づきますが、イメージのない働き方では、実感も薄く、「これでいいのかな・・・」と人生の迷路に突入してしまう。経験者は語る・・・でした(笑)。

  • カッコいい大人

    自分の周りにカッコいいと思う大人がたくさんいると、将来は明るいと思います。私の周りにいる先輩は、本当に勉強熱心なので、いつも遠い背中を感じます。日本の経済が停滞期に入って久しいですが、カッコいい大人が少なくなったのかもしれません。だから私は、一番身近な自分の子供から、「父さん、かっこいいなぁ」と思われるように、その背中を見せたいと思います。そのためには、まず自分の仕事に言い訳をしない。誰かのせいにしない。人の悪いところより良いところを見るようにする。グチはたまにこぼすかもしれない。でもこぼす相手を間違えない。そんなことを求めていきたいと思っています。とは言うものの、子供に「父さんカッコいい?」と、なかなか聞けていません。聞きたくない回答が返ってくるかもしれないので・・・。

  • 会社は自分たちで作る方が楽しい

    大きな会社の良いところは、知名度があり社会的信用がある。ボーナスがあり、120日以上の休み、福利厚生も手厚い。物事がシステマティックなので、教育体制もしっかりしている。 ではウルクルのような小さな会社の良いところは、会社を自分たちで自由な発想で作れる。あれもこれも仕事ができる。裁量権が大きい。 私は大きな会社は体質的に合わないと思っています。知らない人がたくさんいるのは苦手ですし、決まったやり方の仕事では物足りなく感じてしまいます。だから会社を作っていくという選択をしました。自分が何が好きで何が嫌いかを知らなければ、流された働き方になってしまいます。みんなが就活するから自分も就活しなきゃ・・・そんな時代は終わりました。自分の道は自分で歩かないと、いずれ路頭に迷います。40歳になっても50歳になっても自分のやりたいことって何だろうと問うのは大変です。自分の道を見つけるヒントは自分の中にしかありません。私はカウンセリングを通して、そういうことを学びました

  • 失敗はクイズ

    あのイチロー選手でさえ、メジャーリーグでの生涯打率は.311です。10回打席に立って3回打てばトップアスリートなのです。偉大な人と比べるのはおこがましいですが、仕事も10回やって3回成功したらプロ中のプロと私は考えています。毎回成功するように取り組むわけですが、打率10割は土台無理な話。失敗はクイズとして、次に同じ問題が出たときに回答できるようにします。そして新しい問題を予測しての学習の日々。仕事の現役が終わる頃に、「3割打ったわ」と言えるようになりたいと思います。

  • 心身ともに健康

    私はメンタルヘルス業界で長らく働いたのですが、体の健康を損ねると心を病みやすくなります。反対に体が健康である人は心を病みにくい。もちろん例外はありますが、まずは体がどんな状態にあるのかを知ることが大切です。バランスのいい食事が摂れているか、質の良い睡眠は取れているか。体重やBMIなどが平均と比べてどうか。体も心も健康は生活習慣です。失った時は回復にそれなりの時間がかかります。だから日頃から自分の心身をよく理解しなくては健康維持ができません。ちなみに現在の私は、体の健康維持が少々おろそかになっているようです。現在、人生初のダイエット?に取り組んでおり、なかなか減らない体重に四苦八苦しています・・・(笑)。

  • 不動産業界に新しい働き方を作る

    私は2017年に不動産業界に入り、これから会社作りをするにあたって、藤堂と政岡に「いずれは男女比を5対5にしたい」、そして私たちが使う「言葉」にNGワードを設けました。不動産業界は男性社会であり、また、言葉尻が強い人も多い(笑)。「NGワードを言ったら1,000円」という制度を作り、罰金箱を設置し、零細企業の働き方改革はスタートしたのです(笑)。 男女比を5対5にするのには理由があり、不動産の女性営業職は、30代を過ぎると極端に減ります。特に子供を持つ方は事務職に回ったり退職したり、営業を続けることが難しい。 でも女性でも人と関わることが好きな人はたくさんいるはずです。そういう方が働き続けられる環境を作りたい。住まいにおいて、女性は主役であることが多いわけですから、同性の営業がいたほうが、物件を見る視点や家を作る視点が変わるのではないかと思うのです。そして、会社でいえば売上至上主義から、顧客満足度を大事にするような会社が増えるのではないかと思います。不動産業界の離職率が高いのは、働きにくいからです。私はこれを変えるヒントを藤堂と政岡から見つけました。 私は前職のメンタルヘルス業界で、離職率改善のコンサルを長らくやってきましたので、それを一つずつ調整しながら現在まで来ています。 私は、不動産の営業というこんなに人に恵まれる仕事もないと思うので、それをもっとたくさんの人に知ってほしいのです。この働き方改革は10年か20年か、時間はかかると思います。でも生涯をかけてやってみたいと思える仕事です。

  • 資格って必要ですか?

    不動産業界で役立つ国家資格はたくさんあります。宅地建物取引士、管理業務主任者、不動産鑑定士、土地家屋調査士、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、建築士、司法書士、行政書士、社会保険労務士など。 資格を取るには労力もお金もかかりますが、一つも持っていなくても仕事はできます。ですが、私は資格を取ることにどんな意味を見出せるかではないかと思います。『給料を上げるために取る』なら、ちょっと悲しいですが・・・。 資格はお客様のために取り、使うもの。そして仕事に責任を負うかです。国家資格の多くには独占業務があり、宅建や管理業務主任者であれば重要事項説明や契約書への記名押印は資格がないとできません。いくら仕事ができても、資格がなければ最終的に法的な責任は負えないのです。 国家資格は知識が体系的にまとまっていますので、勉強するほど仕事に活かす土壌が作れます。また、初対面で名刺を差し出した時、少なからず安心する方がいます。でも取った後に勉強しないのであれば、ただの肩書ホルダーになってしまいますので、継続的な勉強を怠らず、専門性を深めていくことは重要だと思います。特に不動産は、お客様の人生に大きく影響する責任ある仕事です。「勉強して当たり前」にならないと、人の役に立ち続けることは難しいと思います。

  • 稼ぐならSE、人脈なら営業

    「不動産営業=稼げる」というイメージを持っている方も多いと思います。実際稼げる業界ではありますが、現代で一番稼げるのはシステムエンジニアだと思います。将来性もありますし、パソコンひとつで、しかも自宅で仕事ができたりしますから。 不動産仲介は、この先も必要な仕事ではありますが、2000年の頃のように大きく広がることはありません。AIが台頭し、人を介さなくてもよくなっていく未来があるからです。もしこれから不動産仲介をしたい方がいたら、部分部分で仕事をするのではなくて、0から10までをできる『手に職』がないと、将来性はないと思います。衣食住に関わる仕事なので、仕事がなくなることはありません。しかし、時代が変われば形も変わることを想像して働かないと、後になって困るのは自分です。 では、不動産営業の良さは何かというと、それは人と果てしなくつながっていけるということ。SEだとグローバルにつながっていけますが、不動産営業はFace to faceの直接的なつながりです。また、自分の日常生活では出会うことがないであろう人たちとたくさん出会うことができます。『人脈』をつくり、人に豊かでいたいなら、最高の仕事だと思います。 稼ぐならSE。人脈なら不動産営業。私はそう思っています。

  • 勉強する人しない人

    恥ずかしながら27歳までの私は、勉強する意味を全く知りませんでした。勉強の先に何があるか。今でこそ得られる果実を実感していますが、そもそも勉強をする意味や楽しさを感じなければ、人は怠け者ですから、積極的にはしません。私は大人の勉強は、強みを伸ばすために学ぶのがいいと思っています。だから自分の好きなこと、得意なことを追求していけばいいと思います。世の中できることとできないことでは、圧倒的にできないことが多いわけです。同じ時間を使うのであれば、できることに時間を費やして、自分の強みをどんどん伸ばす。勉強を嫌なものだと思う人は、27歳までの私のように、勉強の面白さを知らないのだと思います。勉強をするほど仕事だけではなく、社会が正しく捉えられるようになるし、それは自分の自信にもつながると思います。

  • 残業しない会社

    かつて日本企業は、長時間働いて結果を出すという文化で成長してきました。 しかし過労死や自殺者が増えたこと、また残業代未払いなどの問題が表面化して、今は「週40時間労働」を守り、残業代をしっかり払いましょうという社会になっています。 私は8時間で出した結果を、7時間や6時間で出すにはどうすればいいかをいつも考えています。長時間労働しないと結果が出ないのであれば、仕事のアップデートが足りないか、不要な仕事か、もしくは金脈かです。 残業には良い側面もあり、実務経験をたくさん得られるので、業務スキルがアップします。新人であったり、人より早く進みたければ、人の2倍働け!なんていう自己啓発本も理解できます。 仕事が好きでもっと働きたいのに会社は8時間で帰れと言われる・・。そんな声もあるようですが、なにも会社に残って仕事しなくても、今はどこにでもビジネスのネタは落ちているので、広い視野で考えることも必要ではないでしょうか。 そもそも零細企業の営業職で、残業しない働き方は難しい。お客様あっての仕事なので、休日対応もあるし、自分の時間通りにお客様が動いてくれるわけでもありません。もし残業せずに営業職をしたい方は、中小・大企業のシステム化された職場で働くことをお勧めします。ただ、ウルクルは他の零細企業に比べれば、残業時間は少ないと思いますが。 一覧へ戻る

  • トイレ掃除の本質

    車用品のイエローハットの創業者である影山さんは、会社の売り上げが低迷したときに、「自分にはこれしかできない」とトイレ掃除を始めたといいます。それを見た社員は、「社長がトイレ掃除なんて、私もやります!」とついてきたようで、私はとても衝撃的でした。トイレ掃除が重要というよりも、人のやりたがらないことを進んでやる姿勢が社員の心を打ったのではないかと思います。ウルクルでもそれを真似て、入社したらまず一番最初にする仕事はトイレ掃除としました。たかだか10分の掃除時間ですが、いかに効率よくキレイに仕上げられるか。そして掃除のクオリティーを常に上げていく。ただ掃除をするだけでは意味がありません。誰のためにしているのか。それを考えなければ、掃除のクオリティーを上げる意味は見い出せません。時間内に何ができるかを考えるというのは、停車中の新幹線を7分間でピカピカにする”テッセイ”というチームを参考にしています。結局仕事も同じで、上辺のキラキラした部分だけを見て仕事をしていては、それで1度くらいは人の役に立てたとしても、継続することは難しいと思います。水面下の努力や、人のやらないことを積極的にやってこそ、人間性も磨かれるのだと思います。

  • 働き方のスタンダード

    自分の『今の働き方』が1年後、3年後、5年後のスタンダードになると思います。手を抜くことばかりを考えていると、そういう働き方が当たり前になり、ハードワークをする人はそれが当たり前になる。どちらを選択するかは自由ですが、前者だと結局困るのは自分です。習慣化されてしまったものはなかなか変えることが出来ません。だから自分がどんな人になりたいか。どんな働き方をカッコいいと思うかイメージがないと、目の前の仕事をただするだけになってしまいます。思考は現実化するというナポレオン・ヒルの言葉があるように、イメージがあり行動すればそれに近づきますが、イメージのない働き方では、実感も薄く、「これでいいのかな・・・」と人生の迷路に突入してしまう。経験者は語る・・・でした(笑)。

  • カッコいい大人

    自分の周りにカッコいいと思う大人がたくさんいると、将来は明るいと思います。私の周りにいる先輩は、本当に勉強熱心なので、いつも遠い背中を感じます。日本の経済が停滞期に入って久しいですが、カッコいい大人が少なくなったのかもしれません。だから私は、一番身近な自分の子供から、「父さん、かっこいいなぁ」と思われるように、その背中を見せたいと思います。そのためには、まず自分の仕事に言い訳をしない。誰かのせいにしない。人の悪いところより良いところを見るようにする。グチはたまにこぼすかもしれない。でもこぼす相手を間違えない。そんなことを求めていきたいと思っています。とは言うものの、子供に「父さんカッコいい?」と、なかなか聞けていません。聞きたくない回答が返ってくるかもしれないので・・・。

  • 会社は自分たちで作る方が楽しい

    大きな会社の良いところは、知名度があり社会的信用がある。ボーナスがあり、120日以上の休み、福利厚生も手厚い。物事がシステマティックなので、教育体制もしっかりしている。 ではウルクルのような小さな会社の良いところは、会社を自分たちで自由な発想で作れる。あれもこれも仕事ができる。裁量権が大きい。 私は大きな会社は体質的に合わないと思っています。知らない人がたくさんいるのは苦手ですし、決まったやり方の仕事では物足りなく感じてしまいます。だから会社を作っていくという選択をしました。自分が何が好きで何が嫌いかを知らなければ、流された働き方になってしまいます。みんなが就活するから自分も就活しなきゃ・・・そんな時代は終わりました。自分の道は自分で歩かないと、いずれ路頭に迷います。40歳になっても50歳になっても自分のやりたいことって何だろうと問うのは大変です。自分の道を見つけるヒントは自分の中にしかありません。私はカウンセリングを通して、そういうことを学びました

  • 失敗はクイズ

    あのイチロー選手でさえ、メジャーリーグでの生涯打率は.311です。10回打席に立って3回打てばトップアスリートなのです。偉大な人と比べるのはおこがましいですが、仕事も10回やって3回成功したらプロ中のプロと私は考えています。毎回成功するように取り組むわけですが、打率10割は土台無理な話。失敗はクイズとして、次に同じ問題が出たときに回答できるようにします。そして新しい問題を予測しての学習の日々。仕事の現役が終わる頃に、「3割打ったわ」と言えるようになりたいと思います。

  • 心身ともに健康

    私はメンタルヘルス業界で長らく働いたのですが、体の健康を損ねると心を病みやすくなります。反対に体が健康である人は心を病みにくい。もちろん例外はありますが、まずは体がどんな状態にあるのかを知ることが大切です。バランスのいい食事が摂れているか、質の良い睡眠は取れているか。体重やBMIなどが平均と比べてどうか。体も心も健康は生活習慣です。失った時は回復にそれなりの時間がかかります。だから日頃から自分の心身をよく理解しなくては健康維持ができません。ちなみに現在の私は、体の健康維持が少々おろそかになっているようです。現在、人生初のダイエット?に取り組んでおり、なかなか減らない体重に四苦八苦しています・・・(笑)。